下呂市 I様邸 リフォーム工事

家族の想いをカタチに 受け継ぐ住まい

トップ画像
完工年月 平成27年10月
見学会の参加はこちらから

二世帯改築工事

実家での二世帯住宅を希望されリフォームを決意。地震にも安心して住み続けられる我が家を希望されました。

目に見えない所だからこそ

両親が建てた家を家族が安心して暮らせるよう、行政が推奨する木造住宅耐震補強事業と合わせてリフォーム工事を行いました。目に見えない所だからこそしっかりとしたいところの一つとして、耐震性能の向上があります。耐震診断を行い、それに基づき性能向上に繋げました。窓の無いリビングを南に面した場所に配置しウッドデッキを設けて庭とのつながりをもたせ明るく開放的な空間としました。

Before

広すぎる廊下...日当たりがとてもいいのにもったいない...


家の中で一番日当たりのいい所だった廊下をリビングに。 掃出し窓から直接ベランダへと行ける他、四季の移り変わりを 眺められ、いつも心地の良い太陽光が差し込みます。

Before

もっと収納が有ればなぁ... 子供たちの靴もどんどん増えていくのよね...


大家族のため、 衣類などの収納をはじめ収納力が必要不可欠でした。 子供たちの塾のバックや、脱いだコートなどを掛けれるエントランスクロークです。

Before

家族二世帯で共有する水まわり... 朝から渋滞ができてしまう...


洗面は大きめにとり、サイドには造作棚を設けました。鏡が横長で並んで立つことができ朝からの渋滞を防げます。



脱衣場は銭湯タイプの造作棚を設け、大容量収納となっております。

Before

限られたスペースの中で子供たちが仲良く のびのびと生活できるような空間がいいな...


子供部屋にはロフトを設け、空間を有効活用しました。 現した梁たちはジャングルジム感覚で遊んでいただけます。



オシャレに物を飾るスペースも確保いたしました。


広々とした収納のおかげでもう物であふれかえることはありません。


リビングは家族との会話が弾みそうです。


ロフトにも収納することができます。