高山市 Y様邸 古民家再生事例

共に守り 受け継ぐ住まい

受賞

  • 第23回
    全国リフォームデザインコンテスト
    玄関部門【全国部門別最優秀賞】
    JERCO(社)日本増改築産業協会主催
  • 第23回
    中部北陸支部リフォームデザインコンテスト
    玄関部門 【優秀賞】
    JERCO(社)日本増改築産業協会主催
トップ画像
【築80年】
完工年月 平成26年11月
見学会の参加はこちらから

古民家再生術

築80年の古民家にお住まいで寒さにずっと悩まされていたお客様。
息子夫婦が実家にもどる事を機に、リフォームを計画しました。この家を残し受け継いでいってほしくて、暖かさの向上はもちろん、住み心地がよく、誰からにも羨ましがられる家にしたいとの事でした。

温故知新

世代が変わっても、生活様式が変わっても、これまで受け継がれ続けてきたものを台無しにすることなく、継承していくことを大切にしました。

タンスは玄関の下足箱に。床板は磨き直しホールの床に。既存で利用できるタンスや床板を再利用し、新しい材料では出せない風合いをリフォームに活かしました。様々な所に古民家の木材や家具を活かした工夫を凝らすことができ、目でも楽しめます。

家族が集まるLDKは、料理をしながらでも家族の様子が伺え、吹き抜けと内窓を利用する事で、寒い地域でも二階まで暖かい環境となり、お客様のお悩み解消となりました。

床下に眠っていた囲炉裏を復活させ、玄関との調和した囲炉裏の間がお客様をお出迎えできる計画とした。

Before


囲炉裏部屋を復活させ、土間からの景色を楽しむことのできる雰囲気ある空間と共にお客様をおもてなし。
春には板に腰かけて景色を眺めながら時を楽しめます。

Before


物置だった二階は、若夫婦のプライベート空間に変身。

Before


家族が集まるLDKは、料理をしながらでも家族の様子が伺えます。
また、家の中心に蒔ストーブを設け家中をあったかに。


木の温もりが感じられる空間となりました。


和の心を忘れず、でも洒落た囲炉裏です。


廊下は広々としております。















寝室です。アクセントに一面だけ濃い色の壁紙にいたしました。