レオイの家創り

私たちの取り組み

レオイの家創りにおける環境への取り組みをご紹介します。

思い出と資源を残す家作り

大切な財産である家をリフォームさせていただくにあたり、家を形作る材料ひとつひとつに敬意を払い、カタチのない思い出を残していきます。

思い出と資源を残す家作り

施工後大切な財産である家をリフォームさせていただくにあたり、家を形作る材料ひとつひとつに敬意を払い、カタチのない思い出を残していきます。

古民家の再生

古民家 今となっては手に入らないような材木や先人の知恵が使われている、古民家にはその家の長い歴史が刻まれています。そこに安全性・快適性を加え、更に次代へと受け継がれる家創りをお手伝いします。

既存造作材の積極的利用

内装 既存の材料は、材質や状態をよく検討しつつ、大きな梁や柱といった構造材はもちろん造作材も積極的に再利用します。

エネルギーを有効活用する家創り

家を創るときも、その後の生活の中でも消費されるエネルギー。
家創りの工夫で、CO2の排出量を減らすことができます。

魔法瓶のような住まい

内装 断熱性能の高い断熱材や窓サッシを標準仕様。熱を逃げにくく・入りにくくしたことで、従来に比べ少しのエネルギーで快適に過ごしていただけます。

カーボン・オフセットの推奨

内装 薪やペレットを燃やして暖房とする事は、CO2のサイクルを考えるととってもエコ。大気中のCO2を吸って成長した木を使うことが、「カーボン・オフセット」に繋がるからです。ファンヒーターから、薪ストーブやペレットストーブを使った暮らしをお薦めしています。

自然エネルギーを使う住まい

内装 無限の自然エネルギーである地中熱を使った「地熱の家」。地上と半年ずれた温度変化をする地下5mの熱を利用することで、殆どエネルギーを使うことなく夏の暑さ・冬の寒さを自然に和らげる換気システムです。

地産地消の家創り

内装 家創りに必要な主な材料は木材。近くの森で取れた材料を近くで加工して使えば、運搬エネルギーが節約できるとともに地元林業の活性化にも繋がります。地元の建材を活用し、地産地消に取り組んでいます。